OpenCAE Local User Group@KANSAI

Python:整数と少数を使い分ける。演算について

  • HOME »
  • Python:整数と少数を使い分ける。演算について

備忘録がてらPythonの文法についてまとめていきます。(編集中)

  1. 四則演算

四則演算は他の言語と同じです。変数の中身を表示させたいときはPrint関数が使えます。

実行結果は次のとおりです。

ココで注意したいのがdとeのケースです。
dのケースでは0.5と一般的な数学の計算結果が出てきていますが、
eのケースでは0となってしまっています。

これはPythonが動的型付け言語であることに起因し、数字やこの後出てくる文字列などの
データ型を自動判別しているからです。

eのケースでは整数同士の計算であるため、Pythonのインタプリタは計算結果のデータ型も
整数であると判定し、0.5が丸められて0になってしまったのです。

少数点を伴う計算の場合は、数値データの型に注意しましょう。

また累乗とあまりを求める時は次のように記述します。

実行結果は次のようになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

Search

Contact

Please inquiries this website and study meeting to the following address.

ocb.kansai@gmail.com

お問い合わせ

本ホームページ、勉強会のお問い合わせは下記アドレスにお願いします。

ocb.kansai@gmail.com

また、本サイトは幹事が個人的に運営しているものですので、オープンCAE学会との関係はございません。

このサイトについて

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
オープンCAE勉強会@関西 を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

Category

なぶらちゃんBot (Nabla-tyan bot)

Google+

Organizer’s Twitter

Copyright © オープンCAE勉強会@関西 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.