OpenCAE Local User Group@KANSAI

Python:結合するときに違和感?文字列の取り扱い

  • HOME »
  • Python:結合するときに違和感?文字列の取り扱い

Pythonでの文字列の取り扱いです。

文字列は文字を'(シングルクオーテーション)で囲むと定義できます。

プリント関数などに直接渡す場合はシングルクオーテーションで囲った状態で引数として記述します。

[実行結果]

文字列を連結させたい時は「+」を使用します。

+で文字列を取り扱うのは、ちょっと不思議な気分ですが、ここでの+は文字列型のメソッドであり、数値を足すときの+とは役割が異なります。(メソッドについては後述)

[実行結果]

文字列から一部を抜き出す時は、[ ]を使ってスライスします。

スライスする時は0から始まる番号で「〜から〜の手前まで」の記述で範囲を指定します。

例では0番目の文字(H)から、4番目の文字(o)の手前までという指定になっています。

[実行結果]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

Search

Contact

Please inquiries this website and study meeting to the following address.

ocb.kansai@gmail.com

お問い合わせ

本ホームページ、勉強会のお問い合わせは下記アドレスにお願いします。

ocb.kansai@gmail.com

また、本サイトは幹事が個人的に運営しているものですので、オープンCAE学会との関係はございません。

このサイトについて

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
オープンCAE勉強会@関西 を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

Category

なぶらちゃんBot (Nabla-tyan bot)

Google+

Organizer’s Twitter

Copyright © オープンCAE勉強会@関西 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.