Ahmedモデルと自作した簡易可視化風洞の寸法・諸元を使用して、OpenFOAMで計算をやってみました。

まずは、乱流モデルをLaminarとして計算を実施してみました。とりあえずはAhmedモデル後方の渦が再現できるか見てみることにします。

メッシュは下図のようにしてみました。試しで作ったので粗めにしています。メッシャーはcfMeshを使用しています。

20150703_04

20150703_05

計算結果は下図のようになりました。図は流速で色をつけた流線を表示しています。結果を見るとモデル後方に渦が出来ているが確認できます。

20150703_01

次に、圧力の分布を見てみます。分布を見るとAhmedモデル前方の圧力が高くなっている以外に、Outlet側の下部に高い圧力が発生しています。

20150703_02

この原因として、何が考えられるか?そのあたりを次回は見ていこうと思います。

メッシュか?流路が短すぎるのか?探ってみます。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Contact

Please inquiries this website and study meeting to the following address.

ocb.kansai@gmail.com

お問い合わせ

本ホームページ、勉強会のお問い合わせは下記アドレスにお願いします。

ocb.kansai@gmail.com

また、本サイトは幹事が個人的に運営しているものですので、オープンCAE学会との関係はございません。

このサイトについて

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
オープンCAE勉強会@関西 を著作者とするこの 作品 は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

Category